本文へジャンプ

助成金情報

NPO・市民活動に関する各種助成金や各種支援情報などの中から、近く締切を迎える情報を選び、ダイジェストで紹介しています。また掲載している情報に対するお問い合わせ・申し込み等にあたっては、利用者各自の責任において情報提供者との間で行ってくださいますようお願い申し上げます。

【 全国の助成金情報はダイレクトに検索を ! ! 】
NPOWEB(シーズ=市民活動を支える制度をつくる会が提供するNPO・市民活動ニュース&情報サイト)
をご覧ください。さまざまな助成金情報が詳しく掲載されています。募集要項や申込書などの入手もできたりします。

「ペライチ NPO支援プログラム」がスタートしました

スマートフォンからも見ることのできる1枚のウェブページを、無償でつくることができます。
イベント情報、販売している書籍などの案内、会員募集など、効果的に広報したい、そんな団体さまにおすすめです。

◎プログラム概要
 ペライチの月額980円のプランを無期限に無償で利用でき、簡単にホームページを作成できます。
※ペライチの詳細はこちら

◎応募資格
・特定非営利活動法人、公益法人(公益社団法人、公益財団法人)、社会福祉法人
・団体の活動報告書・決算書などがインターネット上で継続的に公表されていること

◎申込方法
下記ホームページにアクセスして、申込を行ってください。
「ペライチ NPO支援プログラム」ホームページはこちら

◎お問い合わせ先
 プログラム企画・運営:NPO法人 Make it better
「NPO法人 Make it better」ホームページはこちら
協力:TechSoup Japan
「TechSoup Japan」ホームページはこちら

認定特定非営利活動法人日本NPOセンター TechSoup Japan ソフトウェア寄贈
Adobe寄贈プログラム(クラウド版)を開始しました

◎助成内容
現在のソフト提供に加えて、Adobe寄贈プログラム(クラウド版)がスタートいたします。本プログラムは、「Creative Cloud All Apps Plan」
「Creative Cloud Photography Plan」を特別価格でNPOのみなさまにご提供するものです。All Apps Plan は初年度 6割引、以降は 4割引にて、
またPhotography Plan は初年度 2割引にてご利用いただけます。

◎助成団体
特定非営利活動法人(NPO法人)、公益法人(公益社団法人・公益財団法人)、社会福祉法人の方に、TechSoup Japanを通じて、
ご申請いただくことが可能になっております。
ソフトウェア提供企業によって寄贈対象となる法人格と活動内容が異なります。

◎申請方法
下記「TechSoup Japan」にアクセスして、申請を行ってください。
「TechSoup Japan」ホームページはこちら

◎お問い合わせ先
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
TEL:03-3510-0855  FAX:03-3510-0856
TechSoup Japan 専用TEL:03-3527-9774

「日本NPOセンター」ホームページはこちら

特定非営利法人【ゆめ風基金】障害者市民防災活動助成

ゆめ風基金では、大規模な自然災害が起きたときに、少しでも障害者市民が受ける被害を小さくするため、
各地で取り組まれる障害者市民防災・減災活動に助成を行います。

◎助成対象
障害者市民が災害にあったとき、避難行動や避難生活がスムーズに行われるための活動、支援を有効に行なうためのネットワークづくりなど、
次のような活動です。

1.障害当事者が中心となる防災活動(避難所・避難行動体験や啓発・学習活動)
2.防災を通じて障害者市民と地域住民とのネットワークがつくられ、日常の活動にもつながる取り組み
3.災害時に障害者支援を行うための具体的な仕組みづくり
4.障害当事者の声を反映した防災の研究活動

◎申込受付期間
 単年度(1月~12月)で助成額が100万円に達した場合は、その年度分を締め切り。

◎お問い合わせ先
 ゆめ風基金事務局
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-14-1-108
TEL:06-6324-7702
「ゆめ風基金」ホームページはこちら

【助成金/ご案内】WAN基金_(認定NPO法人ウイメンズアクションネットワーク・WAN基金)について

◎目的
女たちの活動を資金面から支援します。
応援したい人(団体)と資金を必要とする人(団体)とを、WANがつなぎます。
活動の成果を女たちが共有できるよう、WANを通じて発信します。

◎応募資格
①WANの正会員であること。
応募者が個人の場合は、応募者本人がWANの正会員であること。
グループ(実行委員会等)の場合は、代表者もしくはそれに準ずる者が正会員であること。
団体である場合は、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)の活動に賛同し、ユーザー登録および団体登録をしている団体であり、代表者もしくは代表者に準じる者が正会員であること。

※法人格は問いませんが、政党、宗教団体、自治体、自治体の外郭団体、営利目的の企業・団体、大学等の教育機関は、不可とさせていただきます。

②活動の報告・成果等をWANのウェブサイトで公開が可能であること。

◎助成対象事業
女(たち)の活動あるいは、ジェンダー平等、女たちが生きやすい社会や自然環境づくり、その他、女のための活動。
例えば、セミナー・シンポジウムなどの開催、相談・支援活動、演劇・映画上映会等、調査・研究、映画・ビデオ等の作成、報告書・パンフレット等の作成 など。

◎助成額・助成対象経費
1件あたり、上限を50万円とします。
活動に必要な直接かかった経費に対して助成します。別表と注記を参照してください。

助成額は、助成対象経費の10分の10以内とします。
参加費、他の助成金・協賛金、寄付金等は収入として計上し、助成対象経費のうち、これらの収入によって賄えない部分を助成します。

◎応募方法
① 毎年、9月1日、3月1日を締切日とし、締切日の翌日から次の締切日までを応募期間とします。(同様の事業での複数回の応募も可能とします)

・以下、ウェブサイトへ!  → https://wan.or.jp/article/show/6240
・WAN基金問合先:WAN基金事務局 メールアドレス receipt-wan@wan.or.jp

『逸男記念・再チャレンジ奨学金 2019年度生』募集要項

1.目的
この逸男記念・再チャレンジ奨学金(以下、奨学金)は、次世代を担う人材の育成を図るため、向学心があり一度進んだ道を辞めて、軌道修正して別の道にチャレンジしたいが、それが経済的理由により困難な人に対して、修学上必要な学資金(奨学金)を大学等教育機関在学の期間支給することで奨学援護を行い、もって社会に有為な人材を育成することを目的とします。なお、この奨学金は返済の義務はなく、将来の就職等についても何等の義務もないことといたします。また、他の奨学金制度との併用も可能です。

2.応募資格
過去に日本国内の大学又は専門学校を卒業(中退含む)したが、何らかの事情で方向を変え、新たに医療・福祉・看護等を学ぶため、日本国内の大学又は専門学校に進学を希望する者。ただし、国籍・年齢・性別を問わず、人物・学力共に優れ、かつ向学心に燃えているが、経済上の理由により就学が困難なため奨学援護を希望する者とします。

3.応募方法
募集期間:2018年8月16日(木)~2018年11月12日(月)当日の消印有効
(1) 2019年度 逸男記念・再チャレンジ奨学金願書
※逸男記念・再チャレンジ奨学金願書は、当財団ホームページ
( http://kosuikyo.com/ )よりダウンロードし、必要事項を記入してください。
(2)住民票の写し(申請日の3ヶ月以内発行)
(3)同居家族全員の所得を証明する書類・・・例:給与所得者は前年度分の源泉徴収票、給与所得者以外は税務署又は地方公共団体による前年度分の所得を証明するもの(税務署の収受印のある確定申告書(控)のコピーも可)等。
(4)過去に卒業(中退)した日本国内の大学又は専門学校に在籍していたことの証明(卒業証明書等)。
進学後に応募する方は進学先の在学証明書も必要。

4.採用人数
2019年度は3名程度を採用する。
5.給与期間・給与額
教育機関の最短修学年限(12~48ヶ月)において、以下の金額を支給します。
※ 月次給付金 5万円(年60万円・就学時最小60万円・最大240万円)
なお、毎学期末に在学証明書での確認を行い、半期ごとに振り込みます。退学や休学が判明した場合は、支給を打ち切ります。なお、留学中の支給は停止いたします。

6.支給継続資格
(1)学期末月内に在学証明書を提出する。
(2)学年末月内は上記と共に、近況報告(様式不問)も提出する。
(3)卒業時には、原稿用紙2枚(800字)程度の作文を提出する。

7.選考方法等
□選考方法及び通知
第一次選考(書類選考)・・・生活の困窮度や学業・人物・やる気等により総合的に判断
第二次選考(面 接)・・・2018年12月に東京で開催予定
※郵送料及び面接に要する旅費交通費は支給いたしません。
第一次及び第二次選考結果を踏まえて、当財団の選考委員会において厳正に選考し、常任理事会で奨学生候補を決定します。
そして、2018年1月下旬を目処に申請者に対し、候補採否を文書で通知します。
なお、最終決定は教育機関への入学確認後(4月以降)となりますので、奨学金の交付には、
教育機関入学に関する入学証明書又は在学証明書の提出が必要です。
また、すでに進学後にこの奨学生に応募し合格した者は残りの修学年限(12~36ヶ月・最大3年間180万円)の支給となります。

□奨学金の交付
奨学金支給決定者は4月の入学後、振込先を記入する用紙をお渡しします。その用紙に記入しお送りください。届き次第、指定先口座に第1回奨学金を支給いたします。その後、学期末ごとに在学を確認し、半期ごとに奨学金を支給します。但し、銀行振り込みの場合、振込手数料を差し引いた額とします。

この奨学金に対する問い合わせ先・資料郵送先
〒105-0004 東京都港区新橋6-7-9 新橋アイランドビル2階
公益財団法人公益推進協会 逸男記念・再チャレンジ奨学金 事務担当 高野
TEL 03-5425-4201 FAX 03-5405-1814
E-mail:info@kosuikyo.com  http://kosuikyo.com/

※問い合せの 対応時間は平日問い合せの 対応時間は平日10 :00~18:00

 

トヨタ財団<特定課題>「先端技術と共創する新たな人間社会」の公募

トヨタ財団では、本年度より<特定課題>「先端技術と共創する新たな人間社会」と題した助成プログラムを設けることになりました。AIやIoT、ビッグデータ、ロボット、ブロックチェーンなど、先端的な科学技術をめぐる社会的諸課題に対応するプロジェクトが対象となります。

詳  細: http://www.toyotafound.or.jp/research/2018/

応募期間:2018年10月15日(月)10時 ~ 12月21日(金)17時(日本時間)

助成分野:先端的な科学技術によってもたらされる社会的諸課題にかかわる分野

応募資格

1.プロジェクト代表者は45歳までとします。ただし、若手を中心にさまざまな世代による協働プロジェクトを奨励します。その他、所属・経歴等は不問。

2.文系と理系、研究者と実践者など分野・領域を架橋するプロジェクト and/or 国際的な研究・活動に資するプロジェクトであること。設定した課題に対して、必要かつ適切な広がりをもつ分野・領域横断的なチームを形成してください。個人のみの応募は対象となりません。

3.応募者の国籍は問いませんが、代表者及び連絡責任者については日本語で日常的なコミュニケーションがとれること。応募書類の受付は日本語のみとなります。

4.先端的な科学技術をとりまく社会的諸課題の解決に資する研究プロジェクトであること。技術開発が主たる目的の研究は認められません。

5.書籍、映像、シンポジウム等による成果発信を研究計画に組み込み、助成期間内に達成すること。

6.助成期間中は財団と連絡を密に取り、財団が主/共催するシンポジウム等に参加すること。

助成総額:4,000万円

助成金額:1件あたり500 万円~1000 万円程度

助成期間:2019年5月1日から最長3年間(応募時に1年間、2年間、3年間のいずれかを選ぶ)

*公募説明会を10月23日(火)と11月7日(水)に財団会議室にて開催いたします。新しい助成プログラムの趣旨や応募方法についてご説明するとともに、個別相談にも対応いたします。ご応募をご検討の方は是非ご参加ください。

詳細 http://www.toyotafound.or.jp/research/2018/toyotafound/2018-1003-0945-8.html

*お問い合わせ先*

公益財団法人 トヨタ財団

研究助成グループ(楠田・寺崎)
〒163-0437 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル37階
TEL: 03-3344-1701 FAX: 03-3342-6911

Email: kenj@toyotafound.or.jp

2019年度の「地域ささえあい助成」の募集のご案内

この助成は生協と地域のNPOやその他の団体が協同して地域のくらしを
向上させる活動を支援する助成事業です。
http://coopkyosai.coop/about/csr/socialwelfare/2019.html

応募期間:2019年1月8日(火)~1月31日(木)
助成総額:最大2,500万円の予定(1事業あたり最大100万円を基本)

「地域ささえあい助成」団体交流会開催のご案内

今年度は博多と仙台で開催します。「地域ささえあい助成」の申請を
検討されるNPOや他団体のみなさんも是非ご参加ください。
博多会場は2018 年11 月27 日(火)、仙台会場は12 月13日(木)
http://coopkyosai.coop/topics/2018/ns_181009_01.html

【2018年度東日本大震災復興支援助成プログラム概要】

助成対象期間:2019年4月1日〜2020年3月31日(1年間)

助成総額  :1500万円(1団体の上限300~500万円)

応募締切り :2018年11月25日(日)まで

対象活動  :東日本大震災での経験をベースとした防災減災活動、

       防災減災教育プログラムの普及活動

       東日本大震災の記憶を伝承する活動

※参照 詳細は以下をご覧ください。

https://kikin.yahoo.co.jp/support/fukko.html

Yahoo! 基金

ネットでできる。もっといいこと。

https://kikin.yahoo.co.jp/

twitter

https://twitter.com/yahoojpkikin

Facebook

https://www.facebook.com/YJcontribution/

Yahoo!基金/2018年度東日本大震災復興支援助成プログラム

募集期間:2018年10月15日(月)〜2018年11月25日(日)23:59着

対象となる活動東日本大震災の経験をもとにした防災減災活動や伝承活動

例)

  • 被災地をまわり被害と教訓を伝えるスタディツアー
  • 災害の記憶を伝える語り部活動
  • 震災遺構やアーカイブを利用し被害と教訓を伝える活動
  • 避難所生活での問題と解決手法を伝える活動 等※実績がある活動が対象です。あわせて、活動の改良、改善などを行う場合の費用も助成対象とします。

助成総額:1500万円 (1団体あたりの上限300万円~500万円)

詳  細https://kikin.yahoo.co.jp/support/fukko.html

 

「未来につなぐふるさと基金」2019年度 協働団体募集のご案内~生物多様性の大切さを伝える活動を募集します~

応募期間:2019年1月10日(木)必着

 

 
パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた
「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プロ
グラムを協働で実施する団体を募集しています。

協働団体が実施する市民参加型プログラムを支援するとともに、協働団体
から提供された写真や動画などを、キヤノンホームページ内の生物多様性
サイトから発信します。

以下の目的にご賛同いただき、生物多様性の啓発に共に取り組んでいただ
けるみなさまのご応募をお待ちしています。

——————————————————————□■
● 「未来につなぐふるさとプロジェクト」の目的

1)生物多様性の保全
協働団体が実施する市民参加型プログラムを通じて、生物多様性の保全を
目指します。

2)プログラム参加者に向けた啓発
市民参加型プログラムを通じて、参加者に向けた啓発に取り組みます。

3)社会に向けた啓発
協働団体から提供される生物多様性に関する情報発信用コンテンツ
(写真・動画・解説文など)をキヤノンホームページ内の生物多様性サイト
に掲載します。また、様々な情報発信媒体を通じて、社会に向け生物多様性の
啓発に取り組みます。

——————————————————————□■
● 対象となるプログラム
生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに該当する
市民参加型プログラムを対象とします

1)【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、
農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動

2)【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する
活動

3)【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動

4)【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動

——————————————————————□■
● 支援内容

(1)助成金:1団体あたり50万円
(2)上記助成金に加え、助成金以外の支援を提供致します。
・専門性や組織運営力、広報力などを向上させるための支援
・「生物多様性をテーマとした写真教室」実施援助
・報告会等でのノウハウ共有

——————————————————————□■
● 対象団体
NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体
——————————————————————□■
● 募集団体数
5団体
——————————————————————□■
● 応募条件
1)支援期間中に、市民参加型プログラムを年3回以上企画・実施できること
2)うち1回は「生物多様性をテーマとした写真教室」を組入れて実施すること
3)生物多様性の啓発、自団体の組織力強化に意欲的であること
4)協働団体の役割を果たすことが可能であること
(「役割」の詳しい内容については、応募案内をご参照ください)

——————————————————————□■
● 応募方法
以下の応募書類(各5部)を、「未来につなぐふるさと基金」まで郵便または
宅配便でお送りください。(2019年1月10日必着)

・応募用紙(用紙は、サイトからダウンロードしてください)
・直近年度の決算書類
・直近年度の事業報告書
——————————————————————□■
● 選考方法
選考基準に基づき、外部有識者、学識経験者などで構成される審査委員会
にて、厳正に選考・決定します。

※前回の選考結果はこちらをご覧ください。
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/2018_result/

——————————————————————□■

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/

□ 応募書類の送付先・問い合わせ先
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202
公益財団法人 パブリックリソース財団
未来につなぐふるさと基金 事務局(担当:田中・田口)
電話:03-5540-6256 (月~金、10:00~17:00) FAX:03-5540-1030
E-mail:furusato@public.or.jp